屯田すくすく児童育成会
☆指導員の思い☆

 

 

  「屯田すくすく児童育成会」には毎日、在籍する同じ顔ぶれの子どもたちが、家の代わりと

 して「ただいま!」と帰ってきて、同じ空間であそび・生活を共にします。

 いつものみんなといつものところで過ごす「安心」がそこにはあります。

 

 

   私たち大人(親たち)が子どもであった時代と、現代とは少しずつ物的・人的環境が変化

 してきています。

  だからこそ今、子どもたちが「人と一緒に過ごすこと」「人間関係の力を育むこと」が

 見直されるべきだと思います。

 

 

  民間共同学童保育所「屯田すくすく児童育成会」では・・・

「お兄ちゃん・お姉ちゃん」的な存在(年上の子ども)

 先生とは違う「一緒にあそぶ親戚の大人」みたいな存在(指導員)

 友だちのお母さん・お父さん(父母)

 近所のおじさん・おばさん(すくすくの地域の方々)

                 ・・・など、たくさんの人との関わりがあります。

 

  ひとりで過ごすだけでは決して得られない、たくさんの大事な「○○あい※」の中で

 子どもも大人も「人としてみんなで成長しあう」ことができる場所です。

 

   ※出会い・知りあい・見せあい・信じあい・話しあい・考えあい・競いあい・励ましあい

 協力しあい・褒めあい・喜びあい・がんばりあい・認めあい・自信を持ちあい・安心しあい

 成長しあい・・・

 

 

   

   子どもにとって「集団・仲間の成長力」は大きなものです。

 認めあって「ここにいていいんだ」という居場所の中で、「人として人の中で

 生きていく力・自信・喜び」を得られることを目指しています。

 

 

 

 

そしてそんな機会をえられるように、

毎日一緒にいる指導員がはたらきかけています。

 

 

☆ホーム


☆入所について


☆すくすくの一日  

☆保育の特徴


☆指導員紹介

☆指導員の思い

☆よくあるご質問 

☆所在地 

☆保育理念 

☆リンク

inserted by FC2 system